知らないところでいろいろ活躍!日頃の生活とロボットの関わり

ロボットの意味するものは何?

ロボットは「人や動物の形をまねした機械」または「ある程度自律的に自動で作業を行う機械」というものを指すとされています。
つまり、多くの人にとってなじみがある動物の形っぽいもので自動で動く機械であるペットロボットや、受付やダンスをこなす人型の機会である人型ロボット以外にも多くの種類があるのではないかと思いますよね。
実際、ある程度人に変わる作業をこなす機械はだいたい全部ロボットと言ってしまって問題ないようです。物を右から左に掴んで持って行くのも腕だけみたいですがロボットですし、全く人や動物の部位を真似していなくても、住所を読み取って市区町村ごとに振り分けていくなんて言うのも機械ではなくロボットといっていいと思います。

機械とロボットの違いって何?

では、機械とロボットの境界ってどこなの?と疑問に思われる方も多いと思います。
一番大きな違いは、機械は誰かが操作しなくてはいけませんが、ロボットはある程度自分で勝手に動いてくれるというところのようです。
機械とロボット共に、誰かが最初のスイッチは入れてあげないと活躍できません。機械は操作者が「これだけの作業をやって」という命令に沿って同じ作業だけを繰り返しますが、ロボットは「この作業をやって」という命令を実行するのですが、作業の効率をよくするために自分で判断したりすることで、機械より効率的に作業ができるようになっていたりします。
そうやってみると、世の中いろんなところにロボットが活躍していそうな気がしてきますね。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る